Fランクビルメンはまブログ

過去の職歴や体験談、現在の仕事を紹介しています。

スポンサーリンク

第10話 1社目の警備会社で機械警備員をしていた時のお話

 

     f:id:frankhama:20200514150022p:plain

 

 

私が23才の頃から約2年半、1社目の警備会社で機械警備員をしていた時のお話です。

今49歳なので、26年前の話になります。不動産仲介営業を辞めてから家でブラブラニート生活を送っていました。ネットが無い時代なので毎週発売される求人雑誌を買っていい仕事がないかチェックしていました。私には学歴も経験もありません。給料がいい仕事は、だいたい大卒募集や経験者募集です。そんな中で警備員の仕事がいいなと感じ思いました。基本給が18万円で夜勤手当もあります。残業をたくさんやれば稼げそうです。高卒でも大丈夫です。

 

警備員と言っても4種類あります。1合業務(施設警備)2合業務(雑踏警備)3号業務(輸送警備)4号業務(身辺警備)があります。私が求人雑誌でいいなと思ったのは1合業務の施設警備です。施設警備にも何種類かあって常駐警備、巡回警備、機械警備があります。私は機械警備員募集を見て応募してみました。

 

私が応募した会社は大手の警備会社ほどではありませんが、中規模の警備会社でした。どんどん営業所を増やしていて警備員をたくさん採用したい状況だったみたいです。そんな状況なので簡単な面接で採用されました。

 

勤務内容

勤務は、当直勤務が9時~翌9時の24時間勤務です。0時~5時が仮眠時間です。仮眠時間中に仕事をした場合は残業手当が付きます。日勤は9時~18時、夜勤は18時~翌9時です。休日は月に8~9日です。

通常の勤務ローテーションは

当直→明休→当直→明休→当直→明休→休み

しかし人が足りない現場だったので

当直→夜勤→当直→夜勤→当直→日勤→休み

とういう勤務が多かったです。私としては稼ぎたかったので残業が多くて嬉しかったです。給料は手取りで25万円~30万円くらいありました。サービス残業は無くてしっかり残業代を払ってくれるいい会社でした。仕事も忙しいという訳でもないし、暇なら車の中で寝ていられるのでいい仕事だと思っていました。私の現場は7名ほどで勤務していました。コースは3コースあります。1コースの中で警備対象物件が100件~200件あります。異常信号を受信したら現場に行って確認する訳です。都心のコースだと物件はもっと多いです。発報も多いと思います。物件が少ない田舎の営業所に配属になってよかったです。

 

昼間の仕事

朝9時、営業所で朝礼と前日の勤務者から申し送りが終わったら車に乗って担当コースの待機所に向かいます。(営業所といってもオフィスビルにある事務所ではありません。居住用のマンションの1室を借りて営業所として使っています、広さは3LDKでした、汗をかいて帰ってきた時はお風呂に入ってから帰る事もできます。)待機所に着いたら待機します。(待機所は、川の横、大きな公園の駐車場、警備対象物件の駐車場など1コースに3ヵ所くらいの待機所があってそこで待機します。)待機中は寝てようがマンガ読もうが自由です。担当コース内だったらドライブしてもかまいません。資格の勉強も出来ます。昼間は、ATM障害対応で出動する事があります。お金が詰まったとかカードが出てこないなどの連絡がたまにあります。コンビニや駅にATMが設置されていますよね。お客さんがATM利用中にお金が詰まって出てこなくなった場合、まずお客さんはATMに備え付けの電話でサービスセンターに連絡します。サービスセンターから警備会社のガードセンターに対応依頼があります。ガードセンターから担当コース内の機械警備員に対応しに行けと無線で指示があります。待機中の機械警備員が現場のATMまで行って鍵を開けて詰まったお金を取り除いたり、詰まっているカードをお客さんに返却したりする訳です。都内のコースだとATMが多くて大変だと思います。車の駐車場所にも困ると思います。私は郊外の比較的ATMが少ない地域に配属になったのでATM障害で呼ばれるのは週に1回くらいでした、物件が少ない郊外に配属になって本当によかったです。ゆっくり昼寝が出来ました。

 

夜の仕事

夜になると物件の警備が始まって侵入警報で出動する事があります。21時を過ぎると建物の最終退館者が警備をセットして帰ります。警備がセットになると無人の建物の中では熱線センサー、空間センサー、マグネットセンサーなどのセンサーが警備しています。深夜になるとネズミが走りまわってセンサーが発報したり、虫が飛んでセンサーが発報したり、空調の切り忘れで風でカーテンが揺れて発報したりする事もあります。

警備対象物件のセンサーが発報したらガードセンターに異常信号が送信されます。ガード私は東京の郊外にある営業所に配属になりました。配属になってから約1ヶ月半は実習でした。実習中は先輩社員と24時間2人で車に乗っているので気を使ってしまいゆっくりできませんが実習が終われば1人なので気楽です。1人で勤務するようになって何もなければ平和なんですが、1日に2件くらいの発報があります。2件でもマシな方です。都心部だと5件くらいの発報はあります。物件が発報するとガードセンターから無線で

現場を確認しに行くように指示があります。操作ミスの発報が多かったです。建物の中に人がまだいるのに警備をセットしたり、警備セットしたのに忘れ物を取りに入館して発報します。こういう誤報だと現場に向かっている途中でキャンセルになります。発報させた人とガードセンターで連絡が取れた場合、無線でキャンセルの連絡が来ます。

 

侵入センサーが発報する物件にもいろいろあってって、しょっちゅう発報する物件、初めて発報する物件、廃墟物件などがあります。しょっちゅう発報する物件は安心です。「またどうせネズミだろ」と安心して検索できます。怖いのが初めて発報する物件と廃墟物件です。今まで発報なんてした事ないのに何で発報するんだ?おかしいと思いながら、たった一人で懐中電灯の灯で暗いビル内を検索します。マネキンとかたくさん置かれていると恐怖です。廃墟物件は、壁や天井がカビだらけで酷い匂いです。地下階は真っ暗でジメジメしてリアルなお化け屋敷でした。もう行きたくないです。

 

退職理由ですが、車の事故に厳しくて週1回、朝9時の勤務交代時にみんなで車3台の傷のチェックをしていました。私がある車の凹みを発見して隊長に報告しました。その凹みは正面から見ただけではわかりません、斜め横から見て発見できるわずかな凹みです。そしたらその凹みを付けたのは、発見した私のせいにされてしまいました。凹ませた本人じゃないとわからないという理由みたいです。それで頭に来て退職しました。本当に私ではないんですけどね。残業が多くて給料がよかったからもう少し働きたかったんですけど残念です。

 

 

スポンサーリンク