Fランクビルメンはまブログ

過去の職歴や体験談、現在の仕事を紹介しています。

スポンサーリンク

第24話 5月の収入と登山

f:id:frankhama:20200601135915p:plain

 

5月の収入

5月後半に本業の給料と副業の収益が銀行に振り込まれたので発表したいと思います。あんまり詳しくは書けないのでざっくりと発表しいと思います。

 

①本業のビルメンの給料

4月に働いた分が5月後半に銀行に振り込まれます。

総支給額280,000ゼニー、控除額75,000ゼニー、手取り額205,000ゼニです。

4月は残業時間が0時間でした。宿直が8回ありました。自宅待機の日が3回ありました。自宅待機の日は日給が60%に減ります。残業が0時間なんて久しぶりです。ウイルスの影響で作業が延期になったり中止になっています。明け残業が出来なくなっているので、給料が減りました。いつもなら残業は月に15時間くらいあって給料は手取りで23万ゼニーくらい貰っているんですけどね。ビル管理業界は、飲食業やホテル業のような大きな影響はありませんが、小さな影響は出ている事を実感しました。今後はビル管理業界もどうなるかわかりませんね、ビルのオーナーから契約料減額や契約解除の話があるかもしれません、ウイルスの影響で今リストラされると大変だと思います。求人情報もかなり減っているようです。やっぱり何か副業はしておいた方がいいと思いました。

 

②副業の動画投稿サイトの収益

4月の収益が5月後半に銀行に振り込まれます。

振込額32,000ゼニーです。

かなり減りましたね。再生数が減って、広告も減っているみたいです。5月分の収益はさらに減っているので6月に振り込まれる額は20,000ゼニーくらいになります。4月からウイルスの影響で外出自粛していたので登山にもちょい呑みにも行けませんでした。動画を上げる本数も少なかったので再生数は落ちましたね。5月後半に非常事態宣言が解除になったので6月は登山やキャンプにいって動画を上げたいと思います。

 

 

登山

6月の前半に2連休が取れたので、どこかの山に登りに行こうと思って探しました。アルピコ交通の高速バスが運休しているのが残念です。山小屋も7月後半まで営業休止中のところが多いです。いろいろ探してみた結果、登れそうな山が唐松岳です。八方尾根スキー場の八方アルペンラインが6月1日から営業を開始したそうです、八方池山荘も6月1日から営業を始めたようです。八方池山荘に宿泊して朝から唐松岳に登りに行こうと考えました、八方池山荘に宿泊予約の連絡をいれたら6月1日から泊まれるのは長野県民だけみたいです、長野県以外の人は6月14日から泊まれるみたいです。うわ~なんでやねん!って思ったけど仕方ないですね。唐松岳は冬に登る事が出来なかったので今回登りに行きたかったです。

 

唐松岳はあきらめて他の山を探しました。入笠山がありました!富士見パノラマリゾートのゴンドラが6月1日から営業しているようです、マナスル山荘も6月1日から営業しているようです。さっそくマナスル山荘に宿泊予約の連絡を入れました。無事に予約が取れましたので今回は入笠山に登っていきます。前回マナスル山荘に宿泊した時は、ビーフシチューが食べられなくて残念でしたが、今回は、夕食にビーフシチューが出るみたいです。ラッキーです!夕食に出してくれるなんてありがたいですね。冬にはお風呂に入れませんででしたが、夏はお風呂に入れるそうです。さっぱりしていいですね。久しぶりの登山なので楽しんできたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク