Fランクビルメンはまブログ

過去の職歴や体験談、現在の仕事を紹介しています。

スポンサーリンク

第33話 ビルメンの仕事のお話

        f:id:frankhama:20200715182945p:plain

今回はビルメンの仕事のお話をしようと思います。

私は今年でビルメン歴22年になります。勤務経験は1社目のビル管理会会社で病院勤務約3ヵ月、2社目の現在働いているビル管理会社でホテル勤務約3ヵ月、オフィスビル勤務約22年です。商業施設は経験した事はありません。ビルメンは給料が安いです、昇給も低いです。しかし給料が安くてもまったりのんびり働きたいという人には向いているかもしれません。営業職ではないのでノルマや目標なんかはありません、仕事内容は基本的に、その日に壊れた物を修理したり、設備の定期点検です。修理すると言っても簡単な修理だけです。照明器具の安定器交換やスイッチの交換です。空調機やポンプが壊れたら業者さんに連絡して修理してもらいます。自分達では修理しません。

 

仕事内容は楽なんですが、現場によっては激務な現場もあります。大規模ホテルや大規模商業施設だと仕事は多いと思います。とくにテナントに飲食店がいっぱい入っていると大変です。害虫も多いし調理器具の修理も頼まれます。調理器具の電源コードを引っ張って外すので電源コードの根元がよくちぎれてしまいます。ちぎれると管理室に「電源コードが切れてしまったので修理して下さい」と修理依頼がきます。本来ならテナントの電源コードの修理なんて契約外なんですがサービスでやってあげています。

 

ビル管理会社に入社した場合、どこの現場に配属になるかは運です。管理室でスマホをいじっていられる天国現場に配属になるのか?それとも1日中動きっぱなしの激務現場に配属なるのか?それはわかりません。私は今オフィスビルで勤務していますが、激務でもなく暇でもなくそこそこ仕事はあります。人間関係も良い状態なので今の現場で22年働く事ができました。

 

ビルメンの仕事について紹介します。

(1)点検について

点検には自分達(現場の設備係)でやっている内製点検と業者さんにやってもらっている外製点検があります。設備係では出来ない専門的な設備の点検を業者さんにやってもらっています。

・外製点検の紹介をします。

①エレベーター点検(毎月)

②給排水ポンプ点検(半年ごと)

③ゴンドラ点検(毎月)

④消防設備点検(半年ごと)

⑤遠隔制御機器点検(半年ごと)

⑥害虫点検(毎月)

⑦停電作業(年1回)

⑧簡易専用水道検査(年1回)

⑨水道水水質検査(半年ごと)

⑩警備システム点検(年1回)

⑪シャッター点検(年1回)

⑫非常用発電機点検(年1回)

⑬自動扉点検(3ヵ月ごと)

空調機点検(年1回)

⑮電気給湯器点検(年1回)

これらの点検を業者さんに定期的に点検してもらっています。

 

内製点検の紹介をします。

①残留塩素測定(毎日)

作業時間約5分、水の残留塩素を確認します。

②電気量水道量点検(毎日)

作業時間約20分、15時に電気量と水道量をメーターを見て確認します。

③電気分電盤点検(毎月)

作業時間約1時間、各階に設置されている分電盤を開けて焦げ臭くないか?異音が発生していないか点検します。

④受水槽点検(毎月)

作業時間約30分、受水槽から漏水していないか?受水槽の中に異常はないか?点検します。

⑤給排気ファン点検(毎月)

作業時間約1時間、ファンベルトに亀裂が入っていないか?異音が発生していないか点検します。

⑥給排水ポンプ点検(毎月)

作業時間約1時間、作動させてみて吐出圧力や電流値を記録します。

⑦消防ポンプ点検(毎月)

作業時間約1時間、消防ポンプ室に設置されている泡消火ポンプ・消火栓ポンプ・スプリンクラーポンプ・消防用ポンプを運転して吐出圧力や電流値を記録します。

⑧非常用発電機点検(毎月)

作業時間約30分、非常用発電機を試験運転して力率や排気温度などを記録します。

⑨電気給湯器点検(毎月)

作業時間約1時間、各階に設置されている電気給湯器を点検します。漏水していないか?設定温度に近い湯温になっているか?など点検します。

⑩ルーフドレン点検(毎月)

作業時間約1時間、ルーフドレンとは聞いた事がない人もいると思うので簡単に説明しておきます。屋上にある排水口の事です。ルーフドレンが詰まって水が溢れてしまう事があるので点検します。

空調機簡易点検(3ヵ月ごと)

空調機の数が多いので7日ほどかかります。平日はテナントの社員がいるので点検できません、土日作業になります。空調機を動かしてみて異音が発生していないか?異常な振動はしていないか?点検します。

空調機ドレンパン点検(毎月)

土日に約1時間、天井にある点検口を開けて空調機の横の盤を外してドレン受けに異常がないか確認します。汚れが酷くなっていないか?ヘドロみたいになっていないか点検します。

空調機フィルター清掃(3ヵ月ごと)

3ヵ月ごとの土日にフィルター清掃します。点検口を開けて空調機からフィルターを外して掃除機で埃を吸います。

⑭空気環境測定(2ヶ月ごと)

作業時間約2時間、午前中に1回、午後に1回測定します。各階のオフィス内の空気を測定します。測定ポイントが20ヵ所ほどあります。1ヵ所測定するのに約2分です。機材を使って一人で測定します。

⑮消火栓点検(毎月)

作業時間約1時間、各階に設置されている消火栓を点検します。いたずらされていないか?ホースが盗まれていないか?などを点検します。

⑯非常電話点検(毎月)

作業時間約1時間、各階に設置されている非常電話を点検します。非常電話を取ってみて防災センターと通話できるか確認します。

⑰非常電源点検(毎月)

作業時間約30分、非常電源にちゃんと電源100vが来ているかテスターで測定して点検します。

⑱非常照明点検(半年ごと)

作業時間約3時間、点検スイッチを押してちゃんと非常照明が点灯するか点検します。

⑲誘導灯点検(半年ごと)

作業時間約3時間、点検スイッチを押してちゃんと誘導灯が点灯するか点検します。

⑳消火器点検(半年ごと)

作業時間約3時間、圧力は正常か?安全ピンは抜かれていないか?点検します。

㉑防火対象物点検(年1回)

作業時間約2時間、消防設備点検は行っているか?消防訓練を行っているか?などの点検をします。

㉒防災管理点検(年1回)

作業時間約2時間、防災管理者届は提出しているか?防災訓練は行っているか?などの点検をします。

㉓建築設備定期検査(年1回)

作業時間約2時間、厨房に設置されている排気ファンや排煙機の風量などを測定します。

特定建築物定期調査(3年ごと)

作業時間約3時間、建物の外壁に異常がないか?内部に異常がないか?点検します。

㉕防火設備定期検査(年1回)

作業時間約2時間、防火シャッターや防火扉に異常がないか点検します。

 

これらの点検を内製でおこなっています。数は多いですが、ほぼ目視点検なので難しい点検ではないです。

 

(2)私が働いているビルになくてよかったなと思う設備

①ボイラーがない

②冷凍機がない

③中水設備がない

④冷却塔がない

こういう設備があると水の管理や清掃が大変です。怖いのが万が一操作を間違えると数百万円もする機械を壊してしまう事です。責任問題になってしまいます。だからこういう設備がある現場には行きたくないですね。

 

(3)ビルメンの勤務について

ビルメンは基本的には宿直勤務です。

「宿直→明け休み→休み」←こういう勤務の繰り返しです。責任者になれば平日は日勤勤務で土日休みになります。

宿直勤務といっても24時間働いている訳ではありません。仮眠時間や休憩時間もあります、夜は基本的に暇なので管理室でスマホをいじっていられます。

宿直勤務をやりたいくない人もいると思います、そういう場合は、会社に日勤勤務の現場に配属を希望してみるのもいいと思います。日勤勤務の現場は少ないけどあると思います。いい会社なら配属先を調整してくれると思います。しかし日勤勤務だけだと稼げません、給料は安いです。宿直勤務だと宿直手当や明け残業手当が付いて手取りで約20万円いくので日勤勤務だけだと17万円以下になると思われます。私はもう日勤勤務はやりたくないのでこのまま宿直勤務を続けて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク